2011年01月06日

症候性便秘

便秘は、生活習慣の影響が大きいとはいえ、
見過ごしてはならない病気のサインである場合もあります。

例えば、大腸がんや大腸ポリープといった大腸の病気があると、
がんやポリープで腸管がせまくなり、
便の通 りが妨げられるために便秘することがあります。

女性の場合、子宮筋腫で病巣が大きくなり、
それが腸管を圧迫して便秘をおこすケースもあります。

食事内容に気をつけたり、不規則な生活を改めたりと、
生活習慣の改善をいろいろしてみても、
がんこな便秘がなかなかよくならない場合は、
ためらわずに医師の診察を受けて、
便通 異常の原因をはっきりさせることが大切です。

中高年の人はもちろん、年齢が若くても、便秘のかげに、
重大な病気がひそんでいることがないわけではありません。

ポストに返却@レンタルDVD比較ガイド
DVDレンタルの情報を比較しています。
ラベル:症候性 便秘
posted by ベンパー at 14:56| Comment(0) | 便秘の種類 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。