2011年01月06日

弛緩性の便秘

弛緩性便秘とは、腸管の緊張が極度に低下して、
大便を送りだすのに必要な腸自体の収縮と緊張の動きが弱まって、
大便が出なくなった状態です。

なお、このような人たちは、腸内の内容物、
大便やガスが極端に全腸にわたって停滞しているので、
おなかの膨満感、下腹が出っ張るなどを訴えます。

同じ大腸でも、人によって長いもの短いものがあり、
長い腸の人はどうしても腸が下がりがちになります。

胃下垂の人と同じで、日本人では、
やせ型で二、三回以上の出産経験があり、
運動を普段しない人、からだの筋肉、
特に腹筋を鍛えていない人に弛緩性の便秘がよくみられます。

ふつう、女性では妊娠によって腹筋が伸展され、
分娩の後でも腹筋がゆるんでいると、胃でも腸でも下垂する人が多く、
分娩後によく腹筋の運動やからだの筋肉を鍛えてないと、
胃にも腸にもリズムのあるぜん動運動が少なくなります。

胃下垂とか胃アトニーといった、胃の緊張が低下して
胃が下のほうにだらんと下がったような状態
になることはご存じでしょうか。

胃アトニーという状態は胃の収縮する運動が弱まって、
胃の中に入った食べ物がなかなか十二指腸のほうに移動しないために、
食後、胃のもたれを感じたり、水を少しよけいに飲むと
ゴボッゴボッという音がしたりします。
これは胃の緊張がたりないためです。

このような人たちは一般に女性に多く、
体型的にはやせ型で、運動をしていない、
またからだの筋肉を鍛えていない人に多い症状です。

このように、胃下垂、胃アトニー、腸下垂、胃腸の筋肉の弛緩
の原因というのは、運動をしてからだの筋肉を鍛え、
規則正しく食べたり排泄したりする習慣をつけることによって、
治るものなのです。

太りたくないからといって十分食べないでいたり、
ダイエットをしたりすると、当然栄養不足になり、
胃とか腸の弛緩した状態が起こることが十分考えられます。

マネーパートナーズは投資初心者にも優しいオンラインFX・証券会社です。
マネーパートナーズ(マネパ)の評判
ラベル:弛緩性 便秘
posted by ベンパー at 14:54| 便秘の種類 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。