2011年01月06日

症候性便秘

便秘は、生活習慣の影響が大きいとはいえ、
見過ごしてはならない病気のサインである場合もあります。

例えば、大腸がんや大腸ポリープといった大腸の病気があると、
がんやポリープで腸管がせまくなり、
便の通 りが妨げられるために便秘することがあります。

女性の場合、子宮筋腫で病巣が大きくなり、
それが腸管を圧迫して便秘をおこすケースもあります。

食事内容に気をつけたり、不規則な生活を改めたりと、
生活習慣の改善をいろいろしてみても、
がんこな便秘がなかなかよくならない場合は、
ためらわずに医師の診察を受けて、
便通 異常の原因をはっきりさせることが大切です。

中高年の人はもちろん、年齢が若くても、便秘のかげに、
重大な病気がひそんでいることがないわけではありません。

ポストに返却@レンタルDVD比較ガイド
DVDレンタルの情報を比較しています。
タグ:症候性 便秘
posted by ベンパー at 14:56| Comment(0) | 便秘の種類 | 更新情報をチェックする

直腸性便秘

便が直腸のところまで下りてきているのに、なかなか出てくれない。
これが直腸性便秘です。

なぜ出にくいかというと、直腸の神経が鈍くなってしまっているからです。
直腸に便が送りこまれても便意をなかなか感じることができず、
直腸のすぐ上の結腸も便を押し出そうとするぜん動運動を始めてくれないのです。

長い間たまっている便は、水分が吸収され、硬くなっていきます。
コチコチの便がふたをした状態になってしまい、
おもいきりいきんで腹圧をかけ、やっとしぼり出す。
そんな状態になりがちです。

直腸の神経を鈍くしてしまう原因は、
ずばりあなた自身のこれまでの生活の中にあります。

便意があるのに、朝トイレに行く時間がなかったりして
排便をがまんすることが多かったのではないでしょうか。
あるいは、便秘解消のために浣腸を繰り返してはいなかったでしょうか。

直腸に強い刺激を与え続けていると、ちょっとやそっとの刺激では
直腸の神経が反応しなくなってしまうのです。

モビットのキャッシング評判
モビットは三菱東京UFJ銀行系のカードローンです。
タグ:直腸性 便秘
posted by ベンパー at 14:56| Comment(0) | 便秘の種類 | 更新情報をチェックする

一過性の便秘

・ダイエットを始めて食事や水分の量 が減った。
・一人暮らしを始めた。
・就職して朝トイレに行く時間がなくなった。
・慣れない土地へ旅行や出張に行った。
・仕事が忙しくて睡眠不足になっている。
・暴飲暴食をした。

など、生活のリズムが乱れたときに、一過性の便秘が起こります。

それまでスムーズだった便通が急に乱れた場合、
ほかに特別な症状がないようなら、原因をまず自分で探してみてください。

食生活はもちろんのこと、ストレスも一過性の便秘を
引き起こすきっかけになります。

便通異常がみられるときには、生活の歯車が乱れはじめたサインととらえましょう。
疲れがたまっていないか、ストレスは解消できているか、
自分の生活を問い直してみましょう。

生活リズムを取り戻し、リラックスを心がければ、
自然に便秘が解消されていくことが多いものです。

不規則な生活が続いているなど、自分で改善し、
取り除く必要がある原因をそのままにしておくと、
便秘や下痢が慢性化してしまうこともあります。

早めに対処していくことが、慢性化を防ぐコツになります。
タグ:一過性 便秘
posted by ベンパー at 14:56| Comment(0) | 便秘の種類 | 更新情報をチェックする

けいれん性便秘

けいれん性とか緊張性の腸というのは、
わかりやすくいえば、弛緩性の腸の逆の状態ですが、
腸管自体の収縮力とか緊張が高まりすぎて、
大便の送り出しが中断されることになって起こるといえます。

弛緩性の便秘の人には日頃運動をしていないで筋力のない人が多く、
運動することによってホルモンの分泌と新陳代謝がよくなり、
腸のぜん動運動も改善されます。

排便という行為自体は、腹圧を上げることと深い関係があり、
十分に腹筋の力がないと、排便がスムーズに行われない
ということになるわけです。

一方、けいれん性または緊張性便秘の場合は、
運動を過激にする人とか筋肉隆々とした人に起こるわけではありません。

けいれん性の便秘の人の腸相というのは、腸全体が一般に固く、
腸管の内腔が狭い。

そして部分的にというか、医学的には腸のセグメント(節)に
けいれんまたは収縮が非常に強くみられます。

内視鏡で腸の中を見てみますと、そういう人の腸はあたかも腸管のまわりに、
少し距離をおいて、いくつもの輪ゴムをしっかりとはめたような状態になっています。

そして、そのけいれんというか収縮した腸と腸の間のところは
ある程度開いていますから、その間に便やガスがたまりやすい状態に
なっているわけです。

植物食に比べて動物食が非常に多い人、
肉食ばかりでなく魚介類などが食べ物全体の
五、六十パーセント以上占めているような人に、
このような現象が起こります。

当然、このうような収縮やけいれんが強い腸内では、
便やガスの流れがスムーズでなく、止められますから、
便秘になったり宿便が残ったりします。

このようにけいれん性または緊張性の便秘は、
多量の動物食または高タンパク食をする人に多いのですが、
そのほかに薬物性のものもあります。
posted by ベンパー at 14:55| Comment(0) | 便秘の種類 | 更新情報をチェックする

弛緩性の便秘

弛緩性便秘とは、腸管の緊張が極度に低下して、
大便を送りだすのに必要な腸自体の収縮と緊張の動きが弱まって、
大便が出なくなった状態です。

なお、このような人たちは、腸内の内容物、
大便やガスが極端に全腸にわたって停滞しているので、
おなかの膨満感、下腹が出っ張るなどを訴えます。

同じ大腸でも、人によって長いもの短いものがあり、
長い腸の人はどうしても腸が下がりがちになります。

胃下垂の人と同じで、日本人では、
やせ型で二、三回以上の出産経験があり、
運動を普段しない人、からだの筋肉、
特に腹筋を鍛えていない人に弛緩性の便秘がよくみられます。

ふつう、女性では妊娠によって腹筋が伸展され、
分娩の後でも腹筋がゆるんでいると、胃でも腸でも下垂する人が多く、
分娩後によく腹筋の運動やからだの筋肉を鍛えてないと、
胃にも腸にもリズムのあるぜん動運動が少なくなります。

胃下垂とか胃アトニーといった、胃の緊張が低下して
胃が下のほうにだらんと下がったような状態
になることはご存じでしょうか。

胃アトニーという状態は胃の収縮する運動が弱まって、
胃の中に入った食べ物がなかなか十二指腸のほうに移動しないために、
食後、胃のもたれを感じたり、水を少しよけいに飲むと
ゴボッゴボッという音がしたりします。
これは胃の緊張がたりないためです。

このような人たちは一般に女性に多く、
体型的にはやせ型で、運動をしていない、
またからだの筋肉を鍛えていない人に多い症状です。

このように、胃下垂、胃アトニー、腸下垂、胃腸の筋肉の弛緩
の原因というのは、運動をしてからだの筋肉を鍛え、
規則正しく食べたり排泄したりする習慣をつけることによって、
治るものなのです。

太りたくないからといって十分食べないでいたり、
ダイエットをしたりすると、当然栄養不足になり、
胃とか腸の弛緩した状態が起こることが十分考えられます。

マネーパートナーズは投資初心者にも優しいオンラインFX・証券会社です。
マネーパートナーズ(マネパ)の評判
タグ:弛緩性 便秘
posted by ベンパー at 14:54| 便秘の種類 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。